借りやすさで選ぶなら消費者金融

家を建てたい、車を買い替えたいというような大きなお金を借りたい時は、銀行の金融商品を考えますが、給料日前にお金が足りなくなったというように、日常生活の中でお金を借りたいことがあります。
そんな時、すぐ借りられるのがキャッシングで、借りやすさを考えると消費者金融は審査も緩く、融資が受けられやすいと言われています。

 

消費者金融なら借りやすい?

キャッシングは消費者金融やクレジット会社、銀行カードローンが扱っています。
なかでも、消費者金融は、設立当時からサラリーマンといった庶民を対象に融資に融資をしていて、顧客層を広げるために、少し審査を緩くしたり、全国に無人契約機を設置したりと、誰でもどこからでも申込ができるシステムや、これまで積み上げた膨大なデータを基にして、すぐにお金が借りられるスピード審査を行なっています

 

消費者金融のスピード審査

最近はキャッシングの申込は、パソコンやスマホを使い、インターネットからの申込ができるようになっていますので、消費者金融でも銀行カードローンでも、申込方法はほとんど同じで、申込をすると必ず審査がおこなわれます。

 

審査は「お金を貸しても返してもらえるか」ということを重要視しますので、審査に通らなければ融資は受けられません。

 

銀行は、無担保でお金を貸すので、どうしても審査が厳しくなり、時間がかかってしまいます
また、その後の書類のやり取りやカード郵送に時間がかかり、カードが使えるまでに数週間を必要になります。

 

消費者金融は小口融資に特化しているため、これまでのデータから瞬時に融資をしてもよいかどうかの判断ができるので、申込があるとすぐ審査が始まり、契約まで約1時間程度でお金が借りられるので今日申込をして今日中にお金を借りるという即日融資を可能にしています。

 

短期借入なら金利の差はあまり気にならない

このように消費者金融の「即日融資」は申込をすればすぐに借りられますが、銀行カードローンに比べて少し金利が高くなります。

 

長期で借りる場合は金利が大きく影響しますが、高いといっても数%程度なので、給料日前の何日間の借入なら、金利の差はさほど気になる金額では有りません。
金利の差で選ぶか、借りやすさを選ぶか、一度契約すればそれが続きますので、慎重に判断する必要があります。