キャッシングで損をしない返し方

キャッシングは返済方法によって完済までの、総返済額が増える場合や、借入先によって無駄な経費を支払わなければならない事もありますが、借り方次第で、無駄なお金を省くことが出来ます。

 

毎月の最低返済だけなら総返済額が増える

キャッシングでお金を借りると、借入残高によって毎月返済額が決められています。
毎月返済額は、無理な返済にならないように少なく設定されて、借りた翌月からは、少なくともこの返済額は毎月支払わなければなりません。

 

決められた最低返済額だけを続けていると、返済期間中に新たな借りいれをしてしまうこともり、なかなか完済が出来ません。
また毎月返済額だけの返済は返済期間が長くなり、利息を含めた総返済額が多くなるというデメリットがあります。

 

無理無く早く完済するには

返済方法のひとつに繰上げ返済があります。
繰上げ返済は、お金に余裕がある時、そのお金を返済に当てる方法です。

 

毎月返済額以外に支払ったお金は、すべて元金返済に充当されるので、元金返済が早くなり総返済額が少なくなります
繰り上げ返済は返済日以外にいつでもできるので、今月はお金に余裕ができそうといった時や、ボーナスが入った時は、少しでも返済に当てる事で、無理なく返済期間を短くすることが出来ます

 

利息以外に無駄な経費は払わない

返済方法として、口座振替や口座振込み、提携ATMからの返済などがあり、自分の環境に合わせた返済方法が選べます。
ただ、これらの返済方法には、利用手数料を必要とする返済方法があり、せっかく金利を低く借りても、これらの経費が必要になれば何の意味も有りません。

 

たとえば、オリックス銀行カードローンの場合は、全国に93,000台以上もの提携ATMがあり、これらのATMは何度でも手数料無料で利用できます。
また、SMBCコンシュマーファイナンスの{プロミス」はインターネットバンキングの手続きをすれば、三井住友銀行やジャパンネット銀行他3行への振込みは手数料無料で利用できることや、提携ATMではローソンのLoppi、ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートを利用すれば、返済手数料がかかりません。

 

キャッシングの申込先はこういったことも考慮に入れて考えるのがポイントです。