専業主婦は銀行カードローンがおすすめ

2010年の貸金業法の改正がおこなわれ、それまでもっとも多かった主婦は、融資が制限されるようになり、主婦の利用法は制限されるようになりました

 

消費者金融は収入がなければ融資できない

消費者金融は貸金業法の改正以降、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されるようになり、消費者金融でキャッシングを始めるには年収がなければ利用できなくなりなりました
そのためパートやアルバイトで収入があれば、これまで通り申込ができますが、収入のない専業主婦がキャッシングを始めるのは難しくなりました。。

 

専業主婦の申込条件

貸金業法の総量規制には「例外項目」があり、この例外項目のなかに「「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付」という項目があります。
専業主婦(夫)が無収入であっても、配偶者の同意が得られれば、本人に収入がなくても配偶者の年収の3分の1以内なら融資できるというものです。

 

ただ、この例外貸付けは調査に時間がかかり、書類の確認に手間がかかる、という理由からほとんどの消費者金融は停止もしくは中止しているので実情は、ほとんど不可能になっています。

 

銀行カードローンなら安心して申し込みが出来る

専業主婦だからこそ急な出費で、毎月の生活費が不足になったり、近所付き合いでお金が必要になる事もあります。
銀行カードローンの申込も、基本的には安定した収入があることが条件なので、全てで申込が出来るというわけではありませんが、銀行カードローンには専業主婦でも申込ができるいくつかの銀行カードローンがあります

 

たとえば、イオン銀行の「イオン銀行カードローンBIG」は50万円まで、みずほ銀行のカードローンは30万円まで、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は融資限度額が30万円までなら融資が可能な商品があります。

 

申込には専業主婦専用といっても、一般のローンと同じく審査があります。
申込で気をつけなければならないのは「申込書にうその記載をしたとき」「半年以内に複数社へ申込をした」「クレジットカードの返済や公共料金の返済が何度か遅れたことがある」など、こういったことがあれば審査に通ることが難しくなります。

 

キャッシングを始めるときは、日常生活において、こういった事がないように日ごろから注意しておかねばなりません。